ついにDiscordに画面共有が実装

ついにDiscordに画面共有が実装された。

以前から一部ユーザー向けに先行テストが行われていたが、今回のアップデートで全ユーザーが使えるようになった。

5.10.2017 Change Logによると、最大10人までグループ通話で画面共有できるとの事。

Discord自体に映したいウィンドウを選択する機能が付いているので、FCFHやFFSplitのようなソフトウェアを別途用意する必要はない。無論デスクトップ全体を共有することも出来る。

ただし、この画面共有はあくまでも「ダイレクトメッセージの通話」における機能なので、サーバーのボイスチャンネルでは使えないようだ。唯一そこが残念な点か。

 

少し前まではゲーム仲間との通話は基本的にSkypeを利用していたが、アップデートの度に改悪を繰り返し酷い有様だった。

グループによってはさっさとDiscordに移行できたが、画面共有を多用するグループでの通話はSkypeを使わざるを得ず、イライラが募るばかりであった。

今回のアップデートでようやく完全にSkypeを捨てることが出来そうだ。

「合いの子」という言葉は差別表現らしい

先ほどの記事で「あいのこ」と書く際に「合いの子」と「合の子」、どちらが正解か分からなくなってしまった。

それでググってみて初めて知ったのだが、「合いの子」という言葉は差別表現だったらしい。

Wikipediaによると「混血、交雑種(雑種)の事。人間においては異人種間の男女から出生した子に対して用いる言葉であるが、現在では蔑称である」とのこと。

この言葉を使った小学生が親まで呼び出されて注意を受けていた、というようなブログ記事も見つかった。

 

幼い頃、何かの動物と動物の合いの子、という表現でこの言葉を覚えたような記憶があるのだが、まさか人種に絡んだ差別表現とは思いもしなかった。

どこかで何も知らずに使ってこっぴどく叱られる可能性もあったわけで、そう思うとおっかない話だ。

間違っても人間にだけは使わないように気を付けよう。

10/1 16:59まで初代Falloutが無料

つまりは今日の夕方までなのだが、Steamで初代Falloutが無料となっている。

期間限定で遊べるFree Weekendとは違い、期間中にライブラリに追加してしまえば自分のものとなる。

参考:Fallout: A Post Nuclear Role Playing Game on Steam

 

初代Fallout(及びFallout2)は3以降のようなFPSRPGの合いの子ではなく、クォータービューのターン製RPGとなっている。

遥か昔に発売された古い作品ではあるのだが、未だ色褪せない名作だと思う。日本語化MODもあることだし、この機会にぜひ遊んでみてもらいたい。

「刺激的な毎日をうんぬんかんぬん」などと所信表明した舌の根も乾かぬうちに言う事ではないけど、実家ってなんでこう暇なんだろうか。

今は毎年恒例年末年始の帰省中なのだが、もう三日も四日もやることがなくて死んでしまいそうだ。

 

うちは年末年始に親戚みんなで集まって大勢で宴会をするような家系ではないので話す相手も限られているし、地元の友人を捕まえて年末の人混みの中に連日繰り出すような元気もない。忘年会が僅かにあるのみだ。

ゲームをしようにも実家にはまともなデスクトップなどないし、俺が持ってきたノートPCとトラックボールでは大したゲームは出来ない。携帯ゲーム機などPSP-1000以来ご無沙汰している。

 

親が煙草嫌いで喫煙できないのも大きなストレスだ。酒と美味い物には困らないが、それだけでは暇は潰せない。四六時中酔いつぶれているわけにもいかないし。

 

ああ、肺一杯に紫煙を吸い込んで、浴びるように安酒を飲み、ジャンクフードを喰らいながら徹夜でゲームをする。そんな不健康極まる生活が最早懐かしい。実家の暮らしは健康的すぎる。

明けましておめでとうございます

このブログを開設したのは昨年の11月初旬。

あと数日で開設からちょうど2か月となります。

 

時代の流れに乗り遅れること数年、ようやく始めたこのブログ。

最初の頃こそしょうもないことをつらつらと書き連ねていたものの、12月に入る頃には「実は身の回りにはブログのネタになるようなことなんて大して転がってない」という事実と生来のズボラさが組み合わさり、記事の更新頻度は下がっていくばかりでした。

またそれらの数少ない記事の内容もほぼ全てがゲーム関連であり、「世界は娯楽でうんぬんかんぬん」なんて大層な名前と一切釣り合っていないのが現状です。

 

今年は、昨年の変わり映えしない日々を反省して、ゲームに限らないブログのネタに溢れた刺激的な毎日を送りたいと思います。

以上、唐突な所信表明でした。

Just Cause 3 クリア

本編のみクリア。

DLCは未購入。

 

大雑把に遊ぶ分にはなかなかに面白い。

グラップリングフックとパラシュート、それと新要素であるウィングスーツで広大で美しい世界を飛び回りながら、爆発物をばら撒いて敵を吹き飛ばしていくのは非常に爽快だった。

この作品の良さはこれでおしまい。

それ以外の部分に目を向けると、粗ばかりが目に付く。

 

続きを読む

Arma 3 バージョン1.66に対応していないマルチプレイサーバーへの入り方

先日Arma 3のバージョン1.66が公開され、Steamでも 強制 ダウンロードが始まった。

しかし、ExileModを始めとする多数のModが未だ対応していないため、これらのModを使用するマルチプレイサーバーの中には敢えて1.66への対応を遅らせているところも存在する。

そういったサーバーに入るためにはArma 3のバージョンを1.64に戻す必要がある

以下はその方法。

  1. SteamライブラリのArma 3を右クリックしてプロパティを開き、ベータタブを選択
  2. 「プライベートベータをアンロックするためにベータアクセスコードを入力」と書かれたテキストボックスに"Arma3Legacy164"と入力 (引用符は不要) し「コードを確認」を選択
  3. その上のドロップダウンメニューから「legacy - Legacy Build (164)」を選択

以上で1.64のダウンロードが始まる。

Apexを所持していると容量が大きくなるようなのでダウンロードはお早めに。

 

ちなみに、サーバーによっては既に1.66に対応していたりするので、その辺りは自分のよく利用するサーバーに合わせて欲しい。

 

「本作」という言葉は存在しないらしい

先ほど、キーボードで「ほんさく」と打っても「本作」と一発で変換されないことに気付き、少し調べてみた。

 

どうやら「本作」、更には「今作」という言葉は正しい日本語ではないらしい。

個人的には「本作」は単純に「この作品」、「今作」は「(過去にシリーズ作品がある事を前提とした上での)今回の作品」というような感じで使っていたのだが、こちらのサイトによるとどちらも主だった日本語辞書には載っていないとのこと。

確かに軽く調べた感じではどこにも載っていない様だ。

 

ただ、どちらも非常に便利な言葉であるし、他にいい言葉の思いつかないときは気にせず使っていこうと思う。

Homefront クリア。シングルは糞ゲー。

f:id:gorakumamire:20161125231307j:plain

 

難易度ノーマルで1周。たった3時間でクリアできてしまった。

 

マルチは未プレイなのでシングルだけの感想になるが、なんというかすごく残念だった。

以下にプレイして感じた不満点を挙げていこうと思う。

続きを読む

RONIN クリア

f:id:gorakumamire:20161124234838j:plain

Steam:Save 75% on RONIN on Steam

 

あっさりとクリア。

コンセプトはいいんだけど・・・・色々と惜しい作品。

気が向いたらレビューする。